アクセス解析" />

俺通信「で?」

最近話題の俺通信。勝手気ままに書いています(笑)

Windows10をVMWare Playerにインストールしてみた

   

この記事は約 4 分で読めます。

Windows 10 Enterprise Insider Preview版をVMWare Player7.1にインストールした手順を公開

 

先日公開された「Windows 10 Enterprise Insider Preview版」をVMWare Player7.1にインストールしてみました。

インストーラ自体はWindwos8とほとんど変わらなかったです。

VMWare Player自体の操作はCentOSをインストールした時とほとんど変わらないですが、今回はすべてデフォルトでインストールしてみましょう!

スポンサードリンク

 VMWare PlayerでWin10用の仮想マシンの作成

以前の記事の「VMwarePlayerにCentOS7をインストールする手順その1」と同様に仮想マシンを作成していきます。

と、その前にOSのインストーラをMicrosoftのサイトからダウンロードしましょう!!

Windows 10 Enterprise Insider Preview のダウンロード」こちらのサイトからダウンロードできます。

ただし、ダウンロードにはLiveのログイン及び、いくつかの情報の入力が必要です。また、リンク先のサイトにプロダクトキーがありますので、そちらもコピペしておきましょう!!

特に難しいことはないとおもいます。

 

 

新規仮想マシンの作成

VMWare Playerを起動したら、右ペインの「新規仮想マシンの作成」をクリックします。

WS000000

 

インストールディスクイメージの選択

インストールディスクイメージを選択します。

WS000001

選択すると「Windows 10 X64が検出されました。このOSは簡易インストールを使用します」と表示されます。

「次へ」をクリックしましょう。

簡易インストール情報の入力

Windowsプロダクトキーとユーザの情報を入力します。

WS000002

Windows 10 Enterprise Insider Preview のダウンロード」こちらのサイトにプロダクトキーもありますので、コピペしましょう!

ハイフン付きで全文字をコピペで貼り付けることができますよ~

 

仮想マシンの名前

WS000003

 

仮想マシンの名前と仮想マシンイメージの保存先を選択し、「次へ」ボタンをクリック。

 

ディスク容量の指定

WS000004

デフォルトで60.0GBなのでそのままにしています。

ディスクの分割もそのままデフォルトです。「次へ」をクリック!

 

仮想マシンを作成する準備完了

WS000005

 

入力してきた内容を確認しいて「完了」ボタンをクリックします。

ディスクを作成しています。

WS000005

 

VMWarePlayerが仮想ディスクの作成を始めます。

 

仮想マシンの起動

WS000007

 

確認画面で「「この仮想マシンを作成後にパワーオンする」のチェックが入っていますので、そのまま仮想マシンが立ち上がりOSのインストーラが起動します。

 

しばし待ちましょう!

WS000008

 

「セットアップを始めていいます」の表示がでてきますので、しばらく待ちましょう

 

インストールするオペレーティングシステムの選択

WS000009

 

選択画面といっても1つしかないので選べませんが、「Windows 10 Enterprise Insider Preview」を選択して「次へ」をクリック

簡易インストールの実行中

WS000010

こんな画面や

WS000011

こんな画面が出たり、再起動したりするのをしばし待ちます。5~10分くらいかな??

 

インストール完了!!

WS000012

 

Windows8を使用している方ならなんとなく見覚えのある起動画面が表示されます。

これにてWindows 10 Enterprise Insider PreviewのVMWarePlayerへのインストールは完了です!!

画面をクリックして、ログインしてみましょう!

Windows 10 Enterprise Insider Previewのログイン

WS000013

この画面もWidows8にそっくりですね。

 

デスクトップ画面

WS000014

Windows8のタイルUIとは違いデフォルトで表示されるのがデスクトップ画面です。

 

スタートメニュー

WS000015

スタートメニューをクリックするとタイルUIのメニューが表示されるようになっています。

Widows8で不評だった部分をこのような形で修正したようですね。

 

スポンサードリンク

今回はWindows 10 Enterprise Insider Previewのインストールを実施してみました。細かい使い勝手やWidows8との相違点などいじりながら見てみたいと思います。

 

 

 - IT関連, windwos ,

スポンサードリンク

SNSリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

VMwarePlayerにCentOS7をインストールする手順その1

この記事は約 5 分で読めます。 CentOS7をVMwarePlayerにインストールする手順(1)「仮想マシンの構築」 前回の「VMware Player7.1.0のダウンロードとインストール手順」で構築したVMwarePlayerにRedhatクローンのlinuxOS「CentOS7」をインス …

wordpressでwp-login.phpへのaccess.logがウザイ(>_<)

この記事は約 2 分で読めます。httpdのアクセスログが酷い事になる・・・ このブログはさくらインターネットのVPS上にwordpressをインストールして運営しています。 アクセス解析は気が向いた時にhttpdのaccsess.logを加工編集・統計などしています。 サイト運営者の方なら当たり前 …

VMware Player7.1.0のダウンロードとインストール手順

この記事は約 4 分で読めます。Windwos8.1にVMwarePlayer7.1.0をインストール手順 自分のPC(Windows8.1)にVMware Player 7をインストールしたときの手順です。 VMwarePlayerは所謂「OS仮想化ソフト」でWindowsPC上にインストールする …

LogicoolのbluetoothキーボドK480を使ってみた。3個の機器とマルチにペアリング出来るのでリビングでも、外出先でも大活躍!

この記事は約 5 分で読めます。 LogicoolのbluetoothキーボドK480をレビュー。ファンクションキーのデフォルト動作も変更可能 みなさんこんにちは。 今日は我が家で大活躍中のBluetoothキーボード「Logicool  K480BK」をご紹介します。 キーピッチも十分有りながら、 …

VMwarePlayerにCentOS7をインストールする手順その2

この記事は約 5 分で読めます。CentOS7をVMwarePlayerにインストールする手順(2)「OSのインストールからパッケージアップデートまで」 前回の「VMwarePlayerにCentOS7をインストールする手順その1」で構築した仮想マシンにRedhatクローンのlinuxOS「Cent …