アクセス解析" />

俺通信「で?」

最近話題の俺通信。勝手気ままに書いています(笑)

VMware Player7.1.0のダウンロードとインストール手順

      2016/05/02

この記事は約 7 分で読めます。

Windwos8.1にVMwarePlayer7.1.0をインストール手順

自分のPC(Windows8.1)にVMware Player 7をインストールしたときの手順です。

VMwarePlayerは所謂「OS仮想化ソフト」でWindowsPC上にインストールするだけで、LinuxなどのOSをインストールする事ができます。

将来LinuxOSをインストールする為の環境としてインストールしてみました。

 

よくある普通のインストーラなので特に迷うこともないとは思いますが、実施手順を公開します。

この手順は筆者おれおが実際に実施した手順です。が、間違い等がある可能性もありますので、同手順を実施する場合は自己責任でお願いしますm(_ _)m

※ 2015年に「VMWare Player」の後継ソフト「VMWare Workstation player」がリリースされました。
「VMWare Player」からのアップグレードを実施した手順を公開しました。
VMware player をVMware Workstation Playerにアップデートする手順(新規インストールも同手順みたい)

スポンサードリンク

まずはインストーラのダウンロード

VMware Player本家のダウンロードサイトから対象のインストーラーをダウンロードします

ダウンロードサイト

VMware Playerのダウンロードサイトイメージ

VMware Playerのダウンロードサイトイメージ

 

で囲った「ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。

2015/04/03時点でのダウンロードファイルは「VMware-player-7.1.0-2496824.exe」でした。

 

インストーラの起動からインストール

ダウンロードした「VMware-player-7.1.0-2496824.exe」をダブルクリックするとインストーラーが起動します。

ようこそ画面

VMware Player セットアップ

VMware Player セットアップ

 

インストーラをダブルクリックすると上記の「ようこそ」画面が現れます。

VMware Playerのインストールを続行するので「次へ」ボタンをクリック!

 

使用許諾契約画面

VMware Player 使用許諾

VMware Player 使用許諾

 

続いて「使用許諾契約」画面です。使用許諾を熟読し同意する場合は「使用許諾契約の条項にどういします」のラジオボタンを選択し「次へ」ボタンをクリック

 

インストール先フォルダ画面

VMware Player インストール先の変更

VMware Player インストール先の変更

 

インストール先のフォルダを選択します。

VMware Player本体はさほど大きなアプリではないのでデフォルトで問題ないと思います。ゲストOSをインストールする時にはいろいろ考えた方がよいですね。

通常はデフォルトのままでOKですが、インストールフォルダを変更したい場合は「変更」ボタンをクリックし、インストールフォルダを変更します。

インストールフォルダが決まったら「次へ」ボタンをクリック

 

ショートカット画面

VMware Player ショートカットの作成

VMware Player ショートカットの作成

 

「デスクトップ」、および「スタートメニューのプログラムフォルダ」にショートカットを作成するか選択します。

私はデフォルトで両方とも作成にしました。

設定したら、またまた「次へ」をクリック

 

要求された操作を実行する準備ができました画面

VMware Player セットアップ準備完了

VMware Player セットアップ準備完了

いよいよ本当のVMware Playerのインストールです。

「続行」ボタンでインストールが始まります。

 

要求された操作を実行しています画面

VMware Player セットアップ中

VMware Player セットアップ中

プログレスバーでインストールの状況を表示してくれます。

しばし、待ちましょう

 

セットアップ ウィザードの完了

VMware Player インストール完了

VMware Player インストール完了

この画面が出ればVMware Playerのインストールは完了です。

「完了」ボタンを押してインストーラを終了します。

いよいよVMware Playerの起動です。

私の場合は「デスクトップ」にショートカットを作成しましたのでデスクトップのアイコンをダブルクリックで起動します。

VMware Player ショートカット

VMware Player ショートカット

 

初回の起動時のライセンス画面

VMware Player ライセンス入力

VMware Player ライセンス入力

 

初回起動時に上記の様な画面が表示されます。非営利の使用の場合はメールアドレスの入力が必要です。

有効なメールアドレスを入力して「続行」ボタンをクリックします。

 

VMware Player 7へようこそ

VMware Player ライセンス入力完了

VMware Player ライセンス入力完了

 

これにて最後です。「VMware Player 7 へようこそ」画面が表示されるので「完了」ボタンをクリックしましょう!

 

VMware Player 7の起動

VMware Player 初回起動

VMware Player 初回起動

 

 

これにて「VMware Player 7」のインストールは完了です。

近いうちにCentOS7をこのVMware Playerにインストールする手順も記事にしようと思います。

※ 追記:CentOSをVMware Playerにインストールしました!
VMwarePlayerにCentOS7をインストールする手順その1
VMwarePlayerにCentOS7をインストールする手順その2

※ 追記2:2015年に「VMWare Player」の後継ソフト「VMWare Workstation player」がリリースされました。
「VMWare Player」からのアップグレードを実施した手順を公開しました。
VMware player をVMware Workstation Playerにアップデートする手順(新規インストールも同手順みたい)

 

スポンサードリンク

特に記事にするほどの手順ではないですが、張り切ってSSもとって記事にしてみました!!
VMware PlayerはいろいろなOSをゲストとして立ち上げる事ができる便利なツールです。
サーバの勉強や、プレ環境の構築などで重宝するツールなのでインストール!おすすめです!!!!
こんなつまらない記事も書いていきますよ!!

 - IT関連, Linux等

スポンサードリンク

SNSリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

VMware player をVMware Workstation Playerにアップデートする手順(新規インストールも同手順みたい)

この記事は約 5 分で読めます。VMware player をVMware Workstation Playerにアップデートする手順 自分のPC(Windows8.1)にはVMware Player 7をインストールしています。 今更ですが「VMware player」の後継ソフト「VMware …

bash入門?bashを使ったシェルスクリプトを書いてみよう!